2013年02月25日

まんが

久々に最近読んだの適当にまとめ。

「地球の放課後」6(完) 吉富昭仁
ずっと前に最終巻出てて気づかなかったので読んでませんでしたですな。
まったり世界滅亡モノは大好きですが、作者がアレなので色々とロリ的になってます。
でも、設定と話の展開はガチなので楽しめた一作でした。
読み切り版も載ってましたが、ラフにあった正史君無しバージョンは少し観てみたいですねぇ。
絶対トラウマな内容になるはずw

「天獄」6、7 うたたねひろゆき
ずっと積んでて埋もれてたのを偶然発見したので読みました。
相変わらずのエロさで安心ですが、空くん大暴れ編は良い感じに終了。
羽海ちゃんのクラスメイトのその後が気になるのですが、大丈夫なのかねアレw
7巻でユダ教の愉快な仲間たちがヒャッハーしてるのは楽しそうでした。
爺ちゃんの妄執を吸い込んだ姫さんはロクな事にならないだろうから楽しみです。

「のりりん」6 鬼頭莫宏
綺麗な鬼頭先生のロードバイク漫画6巻。
皆でツーリング回でしたが、それよりもカラモモさんが無事に再登場してホッとしましたw
どっかで死んでるんじゃないかと素で思ってしまうのが鬼頭漫画の怖い所です。
ノリ君はまぁ主人公してるのですが、ヒロインのりんちゃんが自由人。
今回はドマチと安定のトドロキがヒロインだったしなぁw

「なにかもちがってますか?」3 鬼頭莫宏
綺麗じゃないけど本気鬼畜モードでもない鬼頭先生の超能力ぶっころし漫画。
二人目の能力者でサイコメトラーの高岳さん登場。
更に「世直し」に協力する怪しい刑事も出てきて話が動き出した感じです。
今回から処刑対象が運転中の携帯使用からゴミのポイ捨てに。
ポイ捨ては脳幹にコンクリ詰めてコッロース!

「サイボーグ009 コンクルージョンゴッズウォー」1 
未完の「009」を漫画で完結させる為にかなりの時間をかけたプロジェクトに乗ってます。
故石ノ森章太郎の構想ノートを元に、石ノ森プロのメンバーが中心に話を作成。
小説版はそれを元にして完結版を出したそうですけど読んでないです。
神々との闘い編は序章しか漫画化されてませんので、非常に期待できる内容。
石ノ森イズムが満載になってる内容なので、コアなファンでも納得できるでしょうねぇ。

「ネコあね。」6(完) 奈良一平
何故読み始めて何故読み続けているかわかんない漫画でしたが、遂に完結。
あるひネコが姉になったという、わかり易い内容でわかりやすい日常モノ。
個人的には面白い!とも思わずしょーもないとも思わない作品でした。
本当に何故読んでたのかイマイチわかんないw
最後は良い具合に落としていて上手いと思います。

「シュトヘル」7 伊藤悠
とうとうスドーの意識が消えてシュトヘルとハラバルの戦闘に。
狂気と復讐が積み上がる最中、ユルール渾身の告白には胸を打つものがありました。
ユルールを思い出したシュトヘル、モンゴルの影武者王子&幼女ペア、どう展開するのかなぁ。
あと、ベロニカさんの行く末も気になります。
「文字」に歴史の焦点を当てた面白い試みなので、皇国の守護者の二の舞は(ry

「のぼさんとカノジョ?」1 モリコロス
ぼんやり天然系のイケメンのぼさんと同棲しているカノジョさんのお話。
カノジョさんは幽霊で姿が一切見えずにホワイトボードで会話する形式という、
古典に習った設定ではありますが、ベタで上等面白い内容です。
のぼさんに惚れてる隣のアホの子とかも交えて楽しい日常モノ?かなぁ。
ただ部屋の中がメインになるので、話の展開が難しそうです。

「GANGSTA」4 コースケ
コンスタンスは可愛いわね。
じゃなくて、アレっちゃんの弟が登場。
ハンター側についているのですが、ハンターって健常者で黄昏種を倒せる能力なのかなぁ。
ニックがドーピングでクラスを上げてたみたいに、なにか飲んでんるんだろうか。
バトルモノの様相を見せつつ、ドラマ性にも期待しとります。

「ケンガンアシュラ」2 サンドロビッチ・ヤバ子作 だろめおん画
WEB連載の裏サンデーで唯一読んでる作品で格闘漫画。
既に全盛期のバキら辺には到達してるんじゃないでしょうかね。
最強死刑囚編以降のバキは確実に超えてますw
メインヒロインのヤマシタカズオは良い顔するし、顔芸も十分あって面白い。
動きのある線を描くだろめおん氏が良い仕事してます。

「乙嫁語り」5 森薫
双子アホの子結婚式編終了。
サーム&サーミがイケメンすぎてハゲそうです。
アミルさんのモノローグで表現した一日漫画は秀逸ですねぇ。
あと、鷹に嫉妬するカルルクきゅんはもう、ね。もう、ね。
そして婆様最強伝説。

だいたいそんな感じですが、最近読んだモノじゃ無いのも混じっててアレですがまぁ。
posted by サマナー綿引 at 19:37 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

お菓子食べたい

とりあえず投下。
http://goo.gl/JK1bU

結構アレがアレ。
posted by サマナー綿引 at 22:35 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

めりー

クリスマスエディション(笑)
わかる人だけわかる感じでよろしくどうぞ。
http://goo.gl/KQeGv
posted by サマナー綿引 at 21:55 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

今日も

肩こりが取れないのでちょっとテコ入れしてこよう。
つーか、今日はもう早く寝ます。
12時には寝よう。
色々と一掃セールをしないとこれはイカンねぇ。
明日は映画に行きますかね。
ドイツとポーランドの合作のやつ。
ポーランドお馴染みのナチスにベコベコにされてる時代モノ。
あの時代を描いたポーランド映画って凄いのよねぇ。
かなり色々とへし折られる事受け合い。
そんな訳で、最近かちょっと前までに読んだかもしれない漫画。

「つきロボ」2巻
近未来の月が舞台になった緩めの萌え系SFかねぇ。
アニメのデザインそのままに作られた巨大ロボットを動かそうとするアホの子のお話。
月に人が住める技術があっても巨大ロボはまだ作れない程度の時代なので、
色々と四苦八苦してる様子と表情が生き生きしてて良いです。

「ねこむすめ道草日記」8巻
リュウコミックスが死んでからどうなることかと思ってましたが、
前巻から無事に復活して続いてます。
今回は少し毛色の違う話がいくつか。
旅の絵描き坊主が問う妖怪の居場所とはなんぞでしょうなぁ。

「ちゃりこちんぷい」2巻
3人娘の過去編というか春編が結構なボリュームでしたが面白いです。
そもそも、まれちゃんはずっとアレな子なのかもわからなくなってきました。
マキミキとインチョーはずっとあんな感じっぽいのですが。
しかし、チョコとマキミキはともかく、インチョーにもフラグなのかなぁ(笑)。

「ブルーイッシュ」2巻
少女漫画でも梅田阿比の描くキャラは老若男女が性的で安心です。
もうちょっと続くと思われましたがこれで完結。
3人の育ての親の心情が出てきた時は結構エグい展開になるのかと思われましたが、
綺麗な形にまとめて終わらす辺りは流石梅田阿比センセです。

「月光条例」19巻
結構前に読んだけど思い出したのですが、そろそろクライマックスでしょうかね。
ちょっと中だるみしてた感がありましたが、チルチル過去編を経てようやくです。
ミチルも登場して役者が揃った感じですなぁ。
流石に富士鷹ジュビロは盛り上げ方上手いわぁ。

「はなたん」全部
「弱虫ペダル」でお馴染みの渡辺航の過去作品。
読んだことなかったので新装で読んでみたら、まぁまぁでした。
あの人は萌え系と熱血系の温度差が酷いですけども、同じ人が描いてるんだなぁ。
「制服〜」よりはちゃんとしてるお話でした(笑)。

「ダンス・マカブル」1、2巻
これも結構前に読んだけど思い出した感じで。
とりあえず中世ヨーロッパのえげつないお話特選てんこもり。
血しぶきと悲鳴のお話ですな。
ジャンヌ・ダルクやらバートリ・エルジェーベトに異端審問から暴帝カリギュラと、
中世ヨーロッパのアレなシーンが勢揃いしてましたとさ。面白かったけど(笑)。

そんな感じでよろしくどうぞ。

posted by サマナー綿引 at 20:58 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

駄目駄目ちゃん

もうねぇ。
いろいろもうねぇ。
アカンですわ。
季節の変わり目は常にキチガイに厳しいのですけども、今回は久々に結構アレ。
すぐに肩こりになったり、その影響で頭痛が酷かったりはまぁいいとしても、
感情の起伏が駄目な感じになっとりますな。
ストレスに対して激しく反応し過ぎです。
すぐにイラッとして怒鳴りそうになって、それを抑えてストレス。
ここ数年はイラッとさせる人々は可哀想なお友達だという認識でいれば大丈夫だったのですが、
どうにもこうにも許容量が減ってるのかねぇ。
怒るとしんどいだけなので、決して怒鳴ったり暴れたりはしないのですが、
一発スコーンっとやっちまっていいかなぁと思う時も。
こういう時、可哀想なお友達は良いですねぇ。
何も考えずに人を傷つけられるので。
良心の呵責とか罪悪感とか、そういうの抱きませんあの人達。
それがあったら心安らかに暴力振るえませんし。
しかしまぁ、このままだと色々不都合なのです。
面倒ですけども、ちっと対策を立てよう。
最近、著しく入力が足りてないのは事実。
映画も先日のアレしか観てないし。
宗教画は全くピンとこないので、エル・グレコ展は人ごみだけになりそうで嫌ですし、
エルミタージュもちょっと食指が動かず。
美術館単位の展示って、今までいい印象が無いです。
どうにも焦点がぼやけてて総花的展示になりがち。
んじゃまぁ、映画辺りで手を打ちますかねぇ。
んー、でももうチョイと刺激が強い方が良いなぁ。
近代、現代美術はまだまだ観れたもんじゃないだろうねぇ。
草間展以降は何観ても反応しないです。
特にオブジェ系はガラクタにしか見えない。
あの襟首掴まれて頭突き食らいながら愛を語られる衝撃は来ないですなぁ。
うむ。
こうやって少し言葉にして書き表してると形になりますな。
精神的な意味不明の部分を探るのに一番やっちゃいけないのは思索です。
わからんまま深みに嵌って終了となりますので。
このコレみたいに、適当に頭に浮かんだモノをリストアップしていくと結構いけます。
垂れ流しで出力していけば、現在の傾向が何となくわかってくるので大丈夫。
まぁ、破壊衝動は治まりませんがね(笑)。
posted by サマナー綿引 at 21:41 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

雑感

久々に頭がアレなので、久々にここ最近読んだ中で印象深いモノをアレコレ。

「すみれファンファーレ」1、2 松島直子
菫ちゃんが健気で健気で良い子で良い子で痛々しくてたまらんです。
良い人しか出てこなくてほっこり系ですが、根本が悲しくて良い作品。
ふわっとした絵柄でこういうのやられると弱いなぁ。

「空が灰色だから」2 阿部共実
1巻の初刷が少なすぎた反動で刷り過ぎて店頭にかなり余ってた印象ですが、
内容は相変わらず難易度ハードモード。
時々イージーが混じってますが、2巻の爆心地はダルビッシュネタかなぁ。
とはいえ、ネタと方向性が迷走しまくって楽しいです。だいたい酷いけど。

「ケーキを買いに」川内遥
1軒のケーキ屋を軸にしたオムニバス形式の恋愛モノですが、全員色々と歪んでます。
エクレアで良からぬ妄想するオッサンやら、暴力を「振るわれたい」女性やら、
色々とおくわしい人達が織りなす愉快な恋愛模様。
でも、皆大体共感できるのがまた困るw

「夢喰い王子の憂鬱」1 阿仁谷ユイジ
ままならない日常を送る女性達の夢を食べる謎のイケメン青年が主役?のオムニバス。
現実に囚われて身動きが取れなくなっている女性の夢を食べるのですが、
お腹が弱いので中途半端に残したり戻したり。
食べられた人達は結構スッキリと人生送り始めますが、一人だけ青年の側に・・・。

「ドロヘドロ」17 林田球
かなりクライマックスに近づいてきた気がしないでもない展開。
十字目のボスがぐちょぐちょでじゅるじゅるでわーわーでみんな死ぬ。
悪魔の動向が全く見えてこないけども、色々少しずつ見せてくる手法は上手いなぁ。
藤田が大復活して恵比寿が可愛いので全て良し。藤田はまた死にそうだけど。

「彼女のひとりぐらし」3 玉置勉強
最終巻にして隣に酷い腐り方をした18歳女子が引っ越してきたりするも、
全く何ら一切妥協無く変わらない主人公輿水理香(27)。
妹の結婚式にも相変わらずの状態で残念な美人。
「東京赤ずきん」や「ねくろまねすく」と違い、万人にお勧めな安心シリーズです。

まだ気になったのがもうチョイあるけど、疲れたので終了。

posted by サマナー綿引 at 23:33 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

雑感

母者の定期健診の送迎の日だったのですが(のが多いのでNG)、
とりあえず去年末から続いたアレやコレヤは治ったそうです。
今回の診察で薬も終了ということですし、後は食事に気をつける感じですかねぇ。
週に3日は飲んでた母者ですが、退院してからは全く飲んでません。
まぁ、その辺の切り替えは完全に出来る人なので問題無いですな。
自分の身体の事を理解してます。
その辺りを全然理解できてないのが父者なのですが、それはもう仕方がない。
私も母者も諦めています。
体調管理から室温管理まで何ら出来ない人なのですけども、
こちらから口を出すとニヤけてごまかしたり逆ギレしたりで面倒なので、
ほとんど何も言わなくなりました。
身体壊したらまた面倒なのですが、もう知らぬ。
必要以上の俺病気アピールも知らぬ。
切れやすい団塊世代も知らぬ。
愚痴はこんなものでおいておきましょうかねぇ。

んで、もうチョイと母者の方は病院で検診ですな。
来月の検診で何もなければ晴れてお役御免です。
とはいえ、今年いっぱいは断酒でしょうねぇ。
油モノはちょくちょく食べてますが、数値も問題ないのでいいでしょう。
タバコは吸わない人なので問題なし。
やはりお酒でしょうなぁ。
しかし、飲む打つ買う一切せずに人との交流が少ないと早死するので、
私が気をつけないといけない。
なんせ、人生の目標は親が死ぬまで生き残る事なので。
その後は適当を更に加速させて適当に。
まぁ、無理だろうがねぇ。
あと10年持てばいい方です。
私じゃなくてこの国が。
黒船がどっかんどっかんやっとります。
どう贔屓目に見ても、もう、もちません(笑)。
後は今ある富を上手に食い潰すことが上手いやり方でしょうなぁ。
富がないならどっかにタカることですねぇ。
それが最善の対応策。
もう、事後対応しか手は残されておりませぬ。
え?友愛?
(´・ω・`)知らんがな
posted by サマナー綿引 at 20:53 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

雨降ってきた

スカイリム地方から里帰り。
つーか、今日はお墓参りのはずが中止に。
雨が降るとかどうとかで、早朝に起きたのに中止。
で、全く雨が振らずに今しがた漸く雷ががが。
夜は豪雨になるらしいので、窓が閉められませぬよ。
どうするですだよ。
雷酷いとPCも付けてられないしねぇ。
というか、電気使いまくりんぐです。
クーラーもエアコンもクーラーもエアコンもパソコンも。
テレビは父者担当で。
んで、めっちゃ暑い日もそうでもない日も、ニュースの最後に出てくる消費電力何とかグラフ。
アレほぼ変わらない値ですなぁ。
アレってどこの誰がどこの何をどういう風にどんな基準で測って発表しとるのかね。
と、野暮なツッコミはしちゃダメです。
皆様頑張ってるのです。
アキヒロ君が上陸したのも同じ様なシステムなんです。
みんなグルなんでしょって事は言っちゃ野暮です。
わかった上でギャースカギャースカ言うのがプロレスの正しい観戦方法。
ただまぁ、場外乱闘でたまにこっちが大怪我するのがアレですが、
まぁ、それは、アレだ。
そういう場合はユダヤの陰謀が政府のイルミナティに軍産複合体のフリーメイソンによって地球は滅亡する!
とか言っておけばいいのです。
知らんけど。
後はどうやって富の再分配とか言う名の食いつぶしなので、
まぁ、察しておくという事ですかねぇ。
さてと。
スカイリム地方に戻ろう。
今日も雪が降る・・・。
あと、一応コレ。
http://goo.gl/qBV0T
posted by サマナー綿引 at 19:33 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

当分の間

スカイリム地方をさまよっております。
現在、各地の砦、遺跡、洞窟等で山賊や盗賊や死霊使いをぶっ殺し、
屋外でドラゴンを見つけたらフルパワーでぶっ殺し、
ドワーフの機械が出てきたらぶっ壊し、
強めの怪物が出てきたら全力で逃げて、
馬を盗んで移動する毎日です。
全くもって平穏無事で健康的で健全なスカイリム世界。
種族や言語が沢山あっても大丈夫。
共通言語でわかりあえます。
拳か刃物か鈍器か魔法でわかりあえます。
タムリエル共通語、相手は死ぬ。時々自分も死ぬ。
たのしーわーわー
posted by サマナー綿引 at 23:43 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

買うかねぇ

「スカイリム」買うかねぇ。
買ったら確実に睡眠時間とその他諸々が消えていくのですが。
放送も減るだろうなぁ。
まぁ、いいや。
買おう。
あと、マットレスも。
タグ:雑感
posted by サマナー綿引 at 00:18 | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。